採集記について
2001.01.08




私が採集記を始めたのは、

  ・ 採集に行けない人に疑似体験をして欲しい。

  ・ 採集の楽しさを知って欲しい。

  ・ 採集に行きたくなって欲しい。

と言うことが目的でした(今でもそうですが)。



当時、採集記というと、

  ・まちかねさんの「オオクワガタって」のなかの「根こそぎ隊が行く」

  ・r.matsudaさんの「stag beetles」の中の採集記

  ・香川さんの「オオクワガタフォーラム」の中の愛知産オオクワ採集記

しかありませんでした。

が、その3つを読んだとき、何とワクワクしたことか。

季節は夏も終わり、9月も半ばを過ぎていた頃だと思います。

直ぐに、r.matsudaさんにメールを送り、「楽しかったです」と書いたと思います。

r.matsudaさんからは、

  「この時期でも採れるクワガタはいるんですよ」

と教わってしまい、速攻で採集に行ったのは言うまでもありません。

それが私の初檜枝岐で、結果は、ヒメオオ♂1♀3ゲットでした。

私の檜枝岐参りは、ここから始まったわけです。



今となっては沢山のクワガタWEBページがあり、沢山の採集記が載っています。

従って、既に私の採集記も役目を終えたかなと言う気もしないでもありません。

が、まぁ、折角始めたことでもありますし、

  「あっても邪魔にはならないかな。」

ということで、これからも採集に行く限り続けていこうと思っています。

初めての人も、リピーターの人も、私の採集記を読んで、是非採集疑似体験をし、採集の楽しさを知って下さい。

但し、これはあくまでも疑似体験でしかありません。

本当に採集は楽しいものです。

採集地は結構遠くにあって、なかなか行く決心をすることは難しいかも知れません。

が、是非いつか、まずは一回でも良いから決心して、自分でも採集に行って欲しいと思います。

一度でも決心して採集に行ってみると、それまでとは違った世界が開けることは間違いありませんよ。

...と言うことで、それまでは、つたない文章ではありますが、私の採集記で楽しんでいただけたら幸いです。





HOME